2014.01.28更新

下あご(下顎)が相対的に突出した状態を「下顎前突」といいます。
一般的には「下顎が成長し過ぎた」と考えられており、下顎を後方へ押し込む「チンキャップ」という治療法が第一選択とされ、改善が見込まれなければ、手術が一般的でした。手術は身体的、精神的ストレスを伴い、死に至る危険性があり、それ以外の効果的な治療が望まれていました。

研究が進むと、実は上あご(上顎)の成長が悪いため、下顎が前方へ回転してしまった、という解釈が正しいようです。
それではどのように治療するのか、簡単にご説明しましょう。
先ずは上顎に前回説明した「バイオブロック」を使ってある程度拡げます。時期を見て「RAMPA(Right-Angled Maxillary Protraction Appliance)」と呼ばれる装置を使って、上顎を上前方へ成長を促します。
その結果、下顎の前方回転と骨の歪みは解消され、下顎前突は自然と治ります。



RAMPA治療について

投稿者: デンタルライフクリニック

2014.01.25更新

ヒトの精神は実に多くの脳内ホルモン(脳内物質)に影響を受けています。
10年位前に安保博士が提唱した「脳内革命」は画期的な内容でした。あれから研究も進んでさらにまた多くの事が解ってきてい
ます。

そのひとつ「オキシトシン」は心を安定させる物質として近年、注目されています。視床下部から分泌されるホルモンであり、セロトニン、エンドルフィンと共に、快感物質の一種です。簡単に言うと「赤ん坊が母親に抱かれている時に脳内に出る物質」と理解してください。長期的疫学調査により幼少期に母親に確りと抱かれた子の精神安定度は高く、自己評価も高いとの結果が出ています。
また、精神安定性の高い子供は健康であるとのデータも出ています。

投稿者: デンタルライフクリニック

2014.01.14更新

新年の筑波山を車窓から眺めました。
関東平野にそびえる、威厳ある容貌です。山頂は二つ存在しそれぞれ「男体山」、「女体山」といいます。
とてもバランスのとれた山ですね。

10年位に麓から上りました。ケーブルもありますが、あえて自分の足を使っていきました。途中は意外にも崖があり、危ない個所もあります。2時間弱かかったかと思いますが、頂上から眼下に広がる眺望は、関東一円を見渡すことができました。
天気が良ければ、遥かかなたに遠くに新宿の高層ビルも、そして富士山も眺めることもできます。

投稿者: デンタルライフクリニック

2014.01.13更新

今回の気功の課題は「オキシトシン」を脳内に分泌させるのが目標です。この物質はやる気を起こす最強の脳内ホルモンです。これについてはまた他の項で触れたいと思います。

この「呼吸カウント瞑想法」の目的は「何も考えていない、考えていないことも考えていない状態を作る」ことによって大脳新皮質が深く休まることにより、感情も安定し、生命中枢の働きが高まることにより、健康回復、健康増進に効果があります。

最も基礎的な方法は呼吸のカウントです。吸う息のとき頭の中で、イーチ 吐く息のとき頭の中で、ニーイ 吸う息のとき頭の中で、サーン 吐く息のとき頭の中でシー 続けて10まで行います。これだけでかなり落ち着いてきます。


 

投稿者: デンタルライフクリニック

2014.01.12更新

2014年1月12日 日曜日 バイオレゾナンス医学会が開催されました。
今回も内容は盛り沢山です。凄い内容のものがありました。
そのひとつ「Identical Homeopathy」(ホメオパシー)のひとつである「個人情報波動水」を紹介しましょう。

1.ミネラルウオーターをカップにとり電子レンジで沸騰させます。
2.常温までの冷却を待ちます。
3.ゼロサーチ(HP本文を参照)のノイズを除去した後、水をステージの上に置き、AUTOモードにてプローブを患部(体の調子の悪いところでもよい)に当てます。患部の微細な情報が水に伝播されます。
4.一部位につき3呼吸程、プローブを当てます。
5.この水を少量口に含み再度繰り返します。
6.波動水の出来上がりです。

この「個人情報波動水」は安全かつ、非常に効果的に患部に作用します。
治療の一環として使用します。御興味ある方は御連絡下さい。















 

投稿者: デンタルライフクリニック

2014.01.05更新

筑波山を車窓にしてしばらく水戸線の田園風景を楽しみます。水田の中を走る単線はまさに「ローカル電車」すれ違う電車の遅れを待ち駅で待機する様は、ローカル線ならではの醍醐味です。
走る事約2時間で水戸に到着。そこから偕楽園に向かう事にしました。

「偕楽園」の由来は水戸藩主、徳川斉昭が市民の憩いの場として「皆が楽しめるように」との思いで作ったの事、殿様の懐の大きさを忍ばせます。園庭の中程に「好文亭」というお茶会などの集いの場があり、と当時の様相が復元されています。
園内には梅の木が多く植えられています。中国では学問を大成させるのに縁起の良い花とされており、これを受け斉昭が珍重されたと言われています。



投稿者: デンタルライフクリニック

2014.01.01更新

明けましておめでとうございます。
昨年は、いろいろとお世話になりました。クリニックスタッフ一同心からお礼を申し上げます。

今後も、新たな事に取り組みたいと思います。
今年も、横浜市磯子区デンタルライフクリニックを御支援の程、よろしくお願い致します。

投稿者: デンタルライフクリニック