2014.09.26更新

下額の親知らずを抜いた後、顎関節脱臼が起きることがあります。

特異的な現象ではないので心配無用です。

ただ、「戻らなくなるのでは」という不安が恐怖をあおり口が痙攣することがありますが、そちらを避けなければなりません。

その場合は、鎮静剤を内服または注射して筋肉を弛緩してから処置します。

抜きにくい歯や、顎の関節が緩い方の場合に起きやすい傾向にあります。

口腔外科の治療に力を入れている当院ででは、もとに戻すのは容易です。

心配せず、治療に臨んでください。

投稿者: デンタルライフクリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧