入れ歯治療

保険から自費まで、ご要望に合わせた入れ歯をご用意。
確かな経験と良質の素材で安心・安全のインプラント治療も提供しています。

歯を失ってしまった方へ

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、その箇所を補うための治療法が3つあります。1つは顎骨にチタン製の歯根を埋め込み、それを土台として人工歯を装着する「インプラント治療」。次に両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工歯で補う「ブリッジ治療」。そして、人工歯をバネでひっかけて固定する「入れ歯治療」です。


当院では、機能性が優れたインプラント治療をおすすめしています。しかし、費用や身体的なご都合でインプラント治療が難しい患者さんには、症状やご要望に合わせてブリッジ治療や入れ歯治療で対応しております。

当院の入れ歯が選ばれる3つの理由

入れ歯の痛みをなくす

当院では、入れ歯を装着した際の痛みや違和感を軽減するため、生体性シリコンという特殊なゴム素材を入れ歯の内側に貼っています。入れ歯がしっかりとフィットし、外れにくく、咀嚼力もあがります。中でも顎が痩せてしまっている方や、なかなか痛みのない入れ歯をつくれない方におすすめしています。

見た目も機能性も追求したい方へ

見た目の美しさと、歯本来の機能性どちらも重視したいという患者さんには、金属のバネを使用していないため審美性にも優れ、しっかりと固定されて噛む力も高い入れ歯をご提供しています。当院では、磁石を用いた「磁性アタッチメント義歯」と、インプラントを併用した「インプラントオーバーデンチャー」をご用意しております。

一人ひとりにしっかりとフィットする入れ歯を

当院では、患者さんそれぞれの口腔内に合わせたオーダーメイドの入れ歯をお作りしています。そのために最も重要となるのは、作製するための型取りです。型を取ったものをもとに模型を作製し、その模型を用いて入れ歯をつくっていきますから、型がしっかりと取れていないと、完成した入れ歯もぴったりフィットするものにはなりません。そのため当院では、自費の入れ歯を作る時には規定のトレーではなく、患者さんそれぞれのオーダーメイドのトレーを使用して、より精密な型取りを行っているのです。


また、入れ歯をより安定させるために、正しい噛み合わせをつくるよう心がけています。噛み合わせがズレていると、いくらいい入れ歯をつくってもしっかりとフィットしません。そこで当院では、特殊な機器を用いて正しい噛み合わせを確かめております。

入れ歯の種類について

保険義歯

保険適応内で作製できる入れ歯です。基本的に義歯床やプラスチックで作製されるものが一般的で、安定しにくく装着時に違和感が大きいデメリットがありますが、価格が安価で修理もしやすい特徴があります。

金属床義歯

金属でできている義歯です。薄い入れ歯を作製することができ、装着時の違和感が少なく発音もしやすいのが特徴です。しかし、保険適用ができないため価格が高価で、修理も難しいデメリットがあります。

ノンメタルデンチャー

金属を一切使用していないため、軽くて装着時の違和感が少なく、見た目にも優れています。口を開けた時の見た目や臭い、金属アレルギーなどが気になる方におすすめです。保険適応ができないため、価格は高価になります。

当院のインプラント治療

当院では、天然歯と変わりない機能性を持つインプラント治療で、歯を失ってしまってもしっかりとお食事していただきたいと考えています。ストレスなく美味しく楽しいお食事をすることは、健康な精神を保つことにもつながりますし、なんでも噛めることで栄養もしっかりと摂ることができ、健康な身体を維持することにもつながるのです。


当院では、材料と術式にこだわったインプラント治療を行っております。患者さんそれぞれに合わせた材料を使用していますが、中でもチタンや金属アレルギーの患者さんでもご安心してご利用いただける最先端の「ジルコニアインプラント」をおすすめしています。審美性にも大変優れた良質の材質です。そして、長年大学病院の口腔外科で外科手術の経験を積んできた院長による確かな技術力を駆使したインプラント手術を行っております。トレーニングが必要不可欠な外科手術だからこそ、多くの実戦経験が役立つのです。このように当院では、材料も技術面でも安心・安全のインプラント治療をご提供してまいります。